横浜アウテリア

住まいのエクステリア専門会社

045-301-2323

First

初めての方へ

小さな工事でもお気軽にお問い合わせ下さい!

横浜アウテリアはエクステリア専門の設計・施工工事会社です。 まごころを込めてご提案致します。皆様のおうちの外回りのご相談・お見積りをお待ち申し上げます。

エリア(神奈川県全域 横浜・町田・相模原)
・東京都世田谷区・杉並区

完成までの流れ

担当者が現地に伺い、お客様のイメージ・ご希望を具体的にお伺いし、完成イメージをすり合わせます。

電話・FAX・E-mailでご連絡ください。お打合せの日時・場所をお決めします。

当者が現地に伺い、お客様のイメージ・ご希望を具体的にお伺いし、完成イメージをすり合わせます。 立地条件・敷地の広さ・高低差・既存障害物の確認等をいたします。 お打合せの際、求積図、配置図、1F平面図、2F平面図、立面図をご用意ください。 新築外構の際は、建物完成イメージ図があるとよりスムーズに進められます。

7~10日後に図面・見積書をご提示。
現地調査を経て、デザイナーがCAD図面プランをご提案させていただきます。 見積書は単価・数量の項目を記載し、お客様に分かりやすい書式にしております。 ここまで無料でご相談できます。

ご提案プランにご納得頂いた場合、変更などの最終プランを詰めご契約となります。 色などの詳細打ち合わせ、日程の打ち合わせを経て施工に入ります。

施工状況を的確にチェックしながら、 どんな現場にも対応できる企画力と熟練した職人のウデが発揮されます。

お打合せに沿って仕上がっているか等の最終チェックを頂き、完了です。

お客様の工事内容は全て保存しています。キャップ、ビス1個でも対応致します。又、お手入れの方法などもいつでもご相談下さい。

賢い外構工事とは

ショールームや商談するオフィスは立派でも、職人さんの出入りがなく、材料が一切置いていない・・・という会社は要注意。下請け、孫請けに丸投げしている可能性があります。きちんと自社のスタッフ、専属の職人で設計施工を行い、資材を直接購入できる会社かどうかがポイントです。 そして、長くお付き合いができる信頼できる業者を選ばなければいけません。 見積もり金額だけを追い求めると、造って終わりで数年経ったら会社がなくなってしまった・・・!ということにもなりかねません。どれだけ地元を中心に長くやっているか、年間どれくらい実績棟数があるのか、施工実例は見せてくれるか、そしてどういう考えで仕事をしているか、などをしっかり聞いてから判断しましょう。 横浜アウテリアは設計施工すべて自社スタッフによるものです。丸投げはいたしません。当社のたたき上げた職人がこつこつ丁寧な仕事をします。40年以上の経験と実績を、施工例でご覧ください!

建物をご新築の場合、早い段階から、信頼できる外構専門の会社を見つけて、コンタクトをとることです。 外構計画は家そのものとのバランスが大事ですから、建物本体の計画と同時並行で打ち合わせをすると理想的です。施工性の問題で境界の塀などは、先に工事したほうがいい場合と後から工事したほうがいい場合に分かれます。また、建物の高さと駐車場の高さの位置計画、インターホンなどの電気配線の取り合いなど、早い段階であれば後々余分な工事費用をかけずに済むなどのメリットがたくさあります。 リフォーム外構の場合も、解体するものがある場合は工事自体を始める前に、車を一時期どけるなど、準備期間が必要なことも多いので、早めに動くほうがいいのです。

気になる外構専門会社を見つけたら、ぼんやりとしたイメージしかなくても、まずは相談してみましょう。経験と実績のある会社であれば、建物に合った具体的なプランを提案してくれるはずです。 「なんとなく考えていたこと」を口に出して相談するうちに、自分の希望がまとまってくることも多いものです。また、そのときには外構の写真でなくても“好きなイメージ”がわかる資料(インテリア雑誌やおうちの写真でも役立ちます)があるとよりスムーズでしょう。横浜アウテリアはご相談のみのお客様も大歓迎です。

予算が決まっている場合、すべてを一回で完成できないこともあります。 そのときは、どうしても必要な場所を優先させましょう。そして、2期工事に回してもコスト高にならない場所(例えばお庭、デッキなど)は、思い切って時期をずらすこともひとつです。 また、素材を変えることでコストダウンができたり、お手入れがしやすくなったりすることもあるので、材料をかえてもイメージは変わらないような商品がないか業者に相談してみましょう。例えば「アイアンを使いたい!」のであれば、アイアン調のアルミ素材で代用してもいいと思います。本物のアイアンのように錆びませんのでメンテナンスは楽になるうえ、コストも下がります。

エクステリアは建物以上にライフスタイルに影響を及ぼします。 新築時に自転車に乗っていたお子様が、成長し「バイクに乗る」「車に乗る」ようになり、車庫を広げる必要が出たり、お年寄りのいるご家庭では車椅子用のスロープが必要になったり・・・。「花粉症が悪化してきたら洗濯物を室内で干したいのでサンルームが必要になるかも」と計画するお客様もいらっしゃいます。 将来可能性のあることは、どんどん担当者に話しましょう。専門的視点からの良いアドバイスと長期的な計画を視野に入れた、良心的な提案をしてくれる会社にお願いしましょう。 横浜アウテリアは、10年前、20年前のお客様からもご依頼をいただきます。(中にはお子様の代になられてからお電話をいただけることも!)ご家族が増えて、外構をリフォームするような機会に立ち会えるととても嬉しく、感激いたします。